• HOME
  • 記事
  • PHOTOGRAPH(写真)
  • 【こんなにあるカメラの種類⑤】アマチュア写真家を惹きつけて止まないレンジファインダーカメラの魅力

【こんなにあるカメラの種類⑤】アマチュア写真家を惹きつけて止まないレンジファインダーカメラの魅力

20BAC49C-35EE-4FD8-868E-32B64E8D63D9
PHOTOGRAPH(写真)

皆さんこんにちは。成瀬です。

今回は、前回順番を入れ替えてお話ししたレンジファインダーカメラについてお話ししてみましょう。

レンジファインダーとは、簡単に説明しますと、撮影のためのレンズを通して得られる被写体のイメージを、一眼レフのようにプリズムで確認するのではなく、カメラの通常右側に設置された小窓で確認するようにできているカメラのことです。

一眼レフにせよレンジファインダーにせよ、実際に写真となるイメージの何割を確認できるか、というのを「視野率」といいますが、それはメーカーやカメラによって100%だったりそれ以下だったりします。また、レンズでピントを合わせた際に覗き口からも同じようにピントが確認できるために必要な機構を「距離計」といいます。

昨今のデジタルレンジファインダーカメラについてお話ししますと、センサーが認識した像を「電子式」にビューファインダーに投影するものと、昔ながらのレンジファインダーのように「光学的」に映し出すものとに分かれますが、殆どのデジタルカメラの場合は電子式です。光学式の機構と組み合わせた「ハイブリッド式」のものも存在します。ちょっとややこしいですが、光学式でなく電子式となりますと、コンデジで背面液晶で確認することと実質的には変わりありません。また、視野率も100%のものが殆どです。

では何故、レンジファインダーカメラがアマチュア写真家を中心に人気なのかというと、ぶっちゃけちゃえばオシャレだからです。その由縁は、かのライカM型レンジファインダーのイメージを引き継いでいるからなんですね。つまりは、「写真をクラシカルに撮りたい」というイメージで選ばれる方が多いんですね。でも、それも立派なカメラ選びのポイントです。

今回イメージ写真として使っているのは、筆者の愛用カメラ、例のライカM3です。このカメラは、世界を震撼させるだけの精密かつ完璧な機能を持っていたわけですが、視野率のみでお話しすると、非常に不便です。というのは、50mmレンズを中心に考えて作られているので、それ以下の広角レンズでは距離計が連動しませんし、視野率もあてになりません。

そこで必要なのが、写真にも写っているような、カメラ上部に取り付けるビューファインダーと呼ばれる補足機能です。筆者は21mmレンズをこよなく愛していますので、M3で使う場合にはこのビューファインダーでまず構図を作り、固定してからピントを小窓で合わせる、といったちょっとめんどくさい作業が必要になります。しかし、この「めんどくささ」を「カメラの本質」と受け取って愛する方が多いんですね。カメラの世界の七不思議のひとつでしょう。

デジタル謳歌の現在、レンジファインダーカメラの存在は小さくなってきました。レンジファインダーデジタルカメラを作っているのは、主にライカ、国産ではフジフイルムでしょうか。フジフイルムのフラッグシップ「X-PRO」シリーズもレンジファインダーですし、それ故に「国産ライカ」とも呼ばれ、愛好者は非常に多いです。

ちょっと長くなりましたが、レンジファインダーが好まれている理由、お分りいただけたでしょうか? カメラの世界のノスタルジーを愛するアマチュア写真家が、現在のデジタルレンジファインダーカメラの主なターゲット層になっているのです。そんな嗜好のある方は、是非一度レンジファインダーの魅力を試されてみてください。

ではまた次回まで。
 
 
artlifepress_futter_banner_pp_750

成瀬功

写真作家・一社)日本アート教育振興会 Art life press フォトチーム所属 <Profile> 19歳で単身渡米。テキサスの州立大学に入学。芸術学...

プロフィール

関連記事一覧