ポートレートの上手な撮り方は?

PHOTOGRAPH(写真)

プラクティカルフォト認定講座(http://home.artphoto-lesson.com/)監修・新宿校講師の宮木和佳子です。

今回は、ポートレートについてお話します。

ポートレートを撮る時、
形にこだわり過ぎていませんか?

「人物はちょっと苦手……」という方は多いと思います。
ポートレートはスナップとは違い、その人そのものを撮影するものなので、
余計に難しいと感じるのではないでしょうか?

生徒さんが持ってきたポートレートの作品を見て大体最初に私が思うことは、
「形にこだわり過ぎている」ということです。

撮影を始めたら「ここに立って」「こういうポーズして」と、
まずこのような言葉を最初に言ってはいませんか?

これがダメというわけではありませんが、もし自分が撮られると想像して、
撮影が始まっていきなり「ここに立って、はい、じゃ、撮るよ」となったらどうでしょうか?

心の準備ができてないのに、「ちょっと待って……、どうしたいいんだろう?」
そんな風に思いませんか? プロのモデルでない限り、
そこに対応するのはなかなか難しいものです。

モデルと意思の疎通を交わすことから始めよう

実は「すぐ撮り始めてしまうこと」にポートレート撮影の大きな落とし穴があるのです。

モデルが「どうしたらいいのかわからない……」そんな表情になってませんか?

普段、風景や花などを撮影している人は特にそうなのですが、
「人物はコミュニケーションから始まる」ということを忘れないでください。

自然な笑顔や楽しい撮影にするには、まずモデルがカメラマンに「信頼」を置いていることが大前提です。

「この人なら大丈夫そう」
「この人なら一緒にいろいろやってみようかな」

そんな風に思ってもらうことが大切です。

カメラを持つ前に、

「今日はどんな撮影にしたいか」
「まだ自分は練習段階だけど、手伝って欲しい」
「いろいろ提案してほしい」
「あなたをキレイに撮ってみたい」
「1枚、いいものを撮れたら!」

そんなあなたの思いをまずは伝えましょう。

極端に言えばその時間が1時間あってもいいのです。
コーヒーを飲みながら撮影のことを話して、笑った顔やふとした表情、
いいなと思う表情をストックしておいてもいいでしょう。

実力がまだ……という人は、そのことを隠してリードするよりも、
思い切って「是非手伝って欲しい」と素直に言えばいいのです。

モデルはいつでもカメラマンの指示に従おうとしてくれます。

それはあなたの一挙手一投足が意味のあるものだと思うからです。
本当は焦っている……もしそう思っているのであれば、
それは残念ながら伝わってしまいますし、当然写真にも出ます。

「ポートレート」は「その人」を撮るものですから、コミュニケーションが大事です。

人は物言わぬブツではありません。
逆に言うと、しっかりコミュニケーションが取れていると、
モデル側から思わぬ提案があったり、自分では言いづらいことをやってくれたりもします。
しっかり「信頼感」を結ぶこと、そこからポートレート撮影は始まります。

これらのことを意識して撮影してみてください。
きっと以前よりも素敵なものが撮れると思いますよ。

—————————-

~自己表現を仕事に変えたい~
表現者のためのビジネスカレッジ

BCA【表現者ビジネスカレッジ】
↓↓↓
表現者ビジネスカレッジの詳細はこちら
facebook_group_bca_header

———–

~年間2000名以上が参加する~
写真の資格
プラクティカルフォト認定講座

※オンライン無料体験クラスやってます!
↓↓↓
写真の資格「無料体験クラス」の詳細はこちら

———–

~絵は逆から描くと描ける~
【無料】で受講できます。

↓↓↓

宮木和佳子

プロカメラマン・プラクティカルフォト認定講座監修者 <Profile> 1980年1月10日生まれ、福岡県北九州市出身、日本大学芸術学部写真学科卒業。 学生...

プロフィール

関連記事一覧