インスタ映えする写真の撮り方

44438270 - portrait of a woman making photo of food on smartphone in restaurant
PHOTOGRAPH(写真)

今日はインスタ映えする写真の撮り方についてお伝えします。

ご存じの方も多いかと思いますが、
インスタ映えとは、インスタグラムに写真を投稿した際に見栄えがいいなどの理由で写真映えするものを指しています。

たえとえば、料理や、スイーツ、お店の外観など見栄えの良いものを撮る事が多いです。

インスタ映えする写真をどんどん投稿していけば
フォロワーからの評価も高くなりますし、
フォロワー以外からも注目を集められるようになるようです。

そのためインスタをしている人はもちろん、
撮られるお店側も商品やお店の外観などを工夫してインスタ映えするスポット作りが盛んに行われています。

インスタ映えする写真になるポイント

そんなインスタに映える写真は
ただ撮影するだけではうまく撮れないので、
写真の撮り方を工夫していく必要があります。

では実際にどのように工夫していけばいいのかというと、
ポイントとしてはいくつかあるので
撮影する対象やスポットによって撮影方法を選ぶのが重要となっています。

例えば、スポットで撮影する時の一番簡単な写真の撮り方として言われているのが、
「オシャレな壁の前で撮影する」方法です。

可愛らしい壁紙や絵が描かれているもの、
写真が壁一面に貼られているものなどは
単体でもインスタ映えする写真になりますが、
そこに一緒に自分が入ることで世界観を表現したりアクセントとして利用できます。

さらに、撮影する時はイラストや写真は一部分ではなく壁全体が入るように撮影すると、
よりフィード上で目立ちやすくなるのでおすすめです。

また、スポット撮影での写真の撮り方としてほかにも

「設置してあったり飾ってある小物をフル活用する」
「風景を撮影する場合はGoProなどで広角から撮影する」
「足元にも気を配る」

などのポイントがあります。

特に小物は、
インスタを意識しているスポットやお店であれば
撮影用として置かれているものが多いので、
うまく活用すればさらに世界観を演出できるようになります。

スイーツや料理写真をインスタ映えさせるには?

では食べ物や料理を撮影する場合のインスタ映えする写真の撮り方としてはどうすればいいのかというと、
おすすめなのが「真上から撮影する」方法です。

インスタ映えを意識しすぎるとどうしても横から撮影するという人が多いのですが、
実は雑誌などでは真上から撮影している写真が多く利用されています。

真上からなら全体を写せるほか、
見る側にもおいしさが伝わりやすいので評価されやすいのです。

ほかには、小物と合わせてスタイリングしたり、
カトラリーやクロスを使って奥行きを演出する、
自然光をうまく活用するなど、
ひと工夫をするとインスタ映えする写真になります。

いずれも特別な技術は必要ないので、
初心者でも使いやすい撮影テクニックです。

写真をやっている方でしたら今回お伝えしたことだけでなく、
写真を撮る際のアイデアや、経験もある方もおおいとおもいますので、
よりインスタ映えする写真ができそうですね。

もしもインスタ映えする写真を撮ろうと思っているようでしたら
どうぞ参考にしてみてください。

レッスンプレスチーム

アートライフプレス チーム

「人生を変える学びを、アートとともに。」を合言葉に、アート、文化は人々の生活を豊かにするという信念のもとアート啓蒙活動を行う一般社団法人 日本アート教育振興...

プロフィール

関連記事一覧