フォトグラファーになって思う事

IMG_4789
PHOTOGRAPH(写真)

最近常々、

「フォトグラファーというのはなんて簡単になれる職業なのだろう」

と思っています。これは個人的な見解なので意見は様々あると思いますが、フォトグラファーになる最速の方法は、

「自分はフォトグラファーです」

と、周囲に公言すればすぐになれてしまうなと思っております。

資格や試験などの必要や、下積み経験の実績が絶対条件としてあるわけでもない職業です。

ただそれ以上に、

「ではフォトグラファーであり続ける為にはどうしたらいいのだろうか」

ということを日々考えます。

公言したところで仕事が舞い込んでくるわけでも、撮影スキルが劇的に上がる事はありません。

ではどうしたら自分がフォトグラファーであり続けられるのか…

私は、

「人の写真を見る。その写真をまねし続ける」

この実践を日々行っています。

ただ見るなら誰だって出来ます。自分がいいと思える写真に会う為に、SNSでも雑誌でも美術館でも写真集でもなんでもいいです。

この写真素晴らしいと感じる写真に出会う為に見る。

いい写真を見たと満足せず、どうしたらこの写真は撮影できるのだろうか、自分には何が足りていないからこの写真が撮れないのだろうかと分析する、その結果を実際に撮影していく。この繰り返しがあり続ける為の一つの方法だろうと考えております。

そこで得た情報が知識となり自分の力になり発揮した写真は、もう自分の作品になります。

学校などで見る機会がある方は存分に見て下さい。ゆっくり見る時間のない方でも、今は誰でもスマートフォンを持っています。インターネット上でも写真を見る機会を作ってみて下さい。

 

「日々勉強、日々精進」

 

止まらず進んでいきましょう。
 
artlifepress_futter_banner_pp_750
 
 

大野愛

プロカメラマン・一社)日本アート教育振興会 Art life press フォトチーム所属 <Profile> 1986年生まれ。 日本写真芸術専門学校夜間...

プロフィール

関連記事一覧