Recommended Books No.01
インターナショナル・モード誌「Numero TOKYO」が 提案する
「アートだらけの楽しい生活」とは?

001-200-257
INTERVIEW(インタビュー)
001-200-257

伝統的な女性雑誌とは異なる新しいコンセプトのもと、1999年にフランスで創刊したモード誌「Numero」。世界中の流行に敏感な読者にファッション・バイブルとして認知されています。その日本版として2007年に創刊した「Numero TOKYO」は、クリエイションと刺激がつまった東京発信のインターナショナル・モード誌です。
 
今回、「Numero TOKYO」4月号(2014年2月27日発売) では、「Art Life」がテーマ。ファッションからライフスタイルまで、日常をアート気分で楽しめるアイテムの紹介や、2014年春夏のコレクションからリアルな着こなしの提案をしています。その特集のなかで、現代美術作家であり、プラクティカルデッサン講座の講師をつとめる薄久保香さんも登場! 「パリ・コレクション2014S/S」Diorショーにインスピレーションを受けた薄久保さんと、Diorのコラボレーションが実現しています。

727 300 225
903 300 225


 

126 200 266

「もともとラフ・シモンズのクリエイションに興味を持っていて、自分の作品と共通するコンセプトに共感していました。
今回招待していただいたDiorのショーは、自然と都市という対極のイメージで、熱帯雨林を彷彿とさせるステージに都会的でクールなファッションに身を包んだモデルの対比が見どころでした。モチーフも有機的なものと、ミニマルなものが融合していました」(薄久保)

紙面では、Diorとのコラボレーション作品となった新作「知らない名前を口ずさむ」「clear path」の2点を公開。いつの時代も変わらない普遍性と、
自然と人間の住む世界が分けられ、変化していく発展性をそれぞれ表現しています。

539 250 159

薄久保さんの新作も見れる「Numero TOKYO」4月号は現在、全国の書店にて好評発売中。この春、日常にあふれるアートを、生活のなかに取り入れてみてはいかがでしょうか?

Numero TOKYO (ヌメロ・トウキョウ) 2014年 4月号
出版社:扶桑社 価格:700円
http://www.amazon.co.jp/dp/B00I2EQMWG

 

レッスンプレス チーム

「確かな成長と、人生を変える学びを。」という信念のもと、アート啓蒙活動を行う一般社団法人 日本アート教育振興会のアートメディアチーム。 アートスキルを身につ...

プロフィール

関連記事一覧