「人間 vs AI の作品」・・・軍配は?

PHOTOGRAPH(写真)

写真は撮るものではない、「つくる」ものだ。

アンセル・アダムス

こんにちは。


一社)日本アート教育振興会の三尾(みお)です。

あなたは、アンセル・アダムスをご存知ですか?

そうです、


風景写真家のアンセル・アダムス。


雄大な自然をモチーフにしたモノクロ写真で知られていますが、


ただのモノクロ風景写真でとどまらず
現代アートの域まで昇華させたことで有名な世界的な著名写真家です。

そんな彼が、、、

” 写真は撮るものではない、「つくる」ものだ。”

という言葉を残しています。

現代ではスマホでも簡単にまあまあ良い写真が撮れますし、
スマホでなく一眼レフであってもボタン一つで撮影できるので、
赤ちゃんでもシャッターを押せばなんとなく撮れますよね。

でも、、、
見る人が感動したり、その人の人生を変えてしまうような
心を揺さぶるような写真というのは、
機材のスペックだけでは難しいというのも確かです。


もっと話を進めれば、
きっとAIが今よりも発展したとき、素晴らしい写真は自動でできるようになる。
いえ、既にもうなっていますよね。

でも、、、きっと未来でも、
AIが撮った作品には、感動するものはそんなに多くないのではないか、
僕はそう思っています。

なぜなら、
私たち人間は、その作品をつくった
その人間に感動するから、、、
だと思うんです。

これは、写真だけでなく、絵でも彫刻でも
なんでも同じだと思います。

だから、
アンセル・アダムスの

” 写真は撮るものではない、「つくる」ものだ。”

という言葉は、僕には響きます。
もちろん僕の解釈ですが。

さぁ、、、
あなたは、、、
あなたという「人物」から、
写真、作品を通して何を世に問いますか?

ps.


あ、、そうそう、、、

今、こんな無料体験をやってます。

“1回習っただけで変わる!
「プロが使う3つの構図」を伝授”

あなたの素敵な表現をするには、
カメラに使われるのではなく、使いこなす必要がありますよね?

お〜!カメラを使いこなしたい!
そうお思いでしたら、
ぜひ、このオンライン写真講座にご参加ください。^^
年間1000〜2000人の方がご参加くださっています。
オンラインクラスなので、今のこのご時世でも
安心してご受講いただけます。
あ、、、
ただ、この無料体験クラスは、年2回だけの限定クラスです。
いずれはやりたい、、、、あなたがそうお思いでしたら、

早めに受講して、早くできるようになった方が
あなたの人生を豊かにします。
ぜひ、今のこのチャンスをお見逃しなく^^!


——–


写真の資格 プラクティカルフォト


“1回習っただけで変わる!
「プロが使う3つの構図」を伝授”

無料体験クラス

https://jeara-class.com/online-trial-lp001


——–


今日もお読みいただきありがとうございました。


三尾洋介

三尾洋介

1977年生まれ。飛騨高山出身。 大学では経営学を専攻し、卒業後は視野を広げるため多民族国家であるオーストラリアへ。 1年間過ごしたオーストラリアでは、様々...

プロフィール

関連記事一覧