自由な発想を手に入れるには?

表現をシゴトに。

自由についてありがちな間違いは、
身体的な自由と知性の自由を
混同してしまうことだ。
しかし本当に大事なのは知性の自由だ。
身体的な自由は、知性の自由を達成するための手段であり、
それ自体が目的ではない。

〜ジョン・デューイ 経験と教育 より〜

こんにちは。
一社)日本アート教育振興会

BCA【表現者ビジネスカレッジ】
の三尾(みお)です。

知性の自由、、、、
これってほんと難しいですよね。

自分では、自由な発想を持っている、、、
とおもっている人も、
自分も含めほとんどの場合は、思い込みが必ずありますよね。

例えば、

アートとはこういうものだ、、、
とか、
芸術は高尚なものだ、、、
とか、
写真とはこうあるべきだ、、、
とか、、

そういったことも、実は思い込みですよね。
アートはこうあるべきだ、、、と言いながら自由ではなく、
固定化された思考になっていますよね。

だいたい「べきだ」と言い出す時、
気をつけた方がいいですよね。僕も気をつけるようにしています。

知性の自由、、、
どうやったら得られるのでしょうか。
固定化された思考や縛られた価値観から
解放されるには、どうしたらいいのでしょうか?
価値観や思考を拡張するにはどうしたらいいのでしょうか?

僕はこの
知性を自由にするとか、

柔らかい思考にするとか、

価値観や思考を拡張するとか、

って、


自分を変えていく、、、

ということに近い気がしています。

自分か更新されていく、、

といったらいいのでしょうか。


今までよりも成長していく感じがするんですね。

そう言い換えてみると、この考え方が役に立つと思います。

「人間が変わる3つの方法」

人間が変わる方法は三つしかない。

一つは時間配分を変える、
二番目は住む場所を変える、
三番目は付き合う人を変える、
この三つの要素でしか人間は変わらない。

〜 大前研一 〜

大前研一さんといえば、言わずと知れた超一流コンサルタント。

確かにこれなら、変わりそうですよね。

一つ目の時間配分を変える、、、は、
例えば、学ぶものの時間配分を変えてみたとします。
アートの創作スキルの勉強に1週間のうち10時間使っていたとしたら、
それを7時間に減らし、3時間マーケティングを学んでみる、、、
そうすると、1ヶ月で12時間、1年で144時間にもなります。
144時間学べば、マーケティングの基礎的なことはわかると思いますよね。
そうすると、作品が売れない、、、
と言っていたのが、1年後は売り方を知っているので、
そこで悩むことが少なくなる。
もっと言うと、
もしかすると作品販売で生活までできるようになる可能性だってある。
すると、資金ができるので、今までよりもっと作品を作れるようになる。
そんなことが起こる訳です。

二番目の住む場所を変える、、、
これはわかりやすいですよね。
海外に住んだとしたら、確実に発想は変わります。
日本で言われている当たり前が、海外では逆だったりする、
そんなこと山ほどあります。

三つ目の付き合う人を変える、
これは過激な感じがしますが、これもよくわかりますよね。

いつも同じ人と同じ時間を共有し同じ話をしていれば、
そのコミュニティの当たり前に縛られてしまう、、、
たまに初めての人に会って話してみるだけで、
え!?と、自分の当たり前が通用しなかったりします。

一つは時間配分を変える、
二番目は住む場所を変える、
三番目は付き合う人を変える、

この三つを一気にやるのは難しいと思うので、
やりやすいところからやってみると、
あなたの価値観、思考は、拡張し、知性は自由になっていく、
そしてあなたの人生はだんだん変わっていく。
そんな気がしませんか?

きっと、
住む場所を変える、、、付き合う人を変える、、、
この二つは、かなり気合がいるので、

一つ目の時間配分を変える、、、
からやってみるといいかもしれませんね。
年末ですから、
今年一年の手帳を見返してみるのも
いいかもしれませんね。
僕もそうですが、いつも同じことばかりしてる、、、
というのに気づくと思います。
それをみて、
来年は違うことをしよう、そうおもって計画を入れてしまうといいと思います。
僕は軽めのところで、夜型から、朝方に変えてみています。
5時台起きる、、、それにチャレンジしています。
子供が起きてくる前に勉強したり、ひと仕事終わらせる、、、
これが少しづつ定着しつつあります。
これ結構いいです。
でも寒い朝は特に辛いので、
「起きられたら自分偉い」
と頭の中で言うようにしています。
あとは、コーヒーが好きなので美味しいコーヒーをイメージし、
「起きたら朝日を見ながら コーヒーを飲もう」
と楽しいことをイメージすることにしています。
そうすると、割と起きられます。
そういう仕組みやルーチンにしてしまうのも大切だと思います。
でも僕は飽きっぽいので、気をつけなければ。。。

あなたも時間配分、見直してみてください。
きっと何かが変わると思いますよ。

今日もお読みいただきありがとうございました。
三尾洋介

アメリカ マイアミ大学

芸術学部 アート起業学科

トッド助教授が登壇!

■「アート起業家精神とは?」

無料公開中です。

詳細ページはこちら

三尾洋介

1977年生まれ。飛騨高山出身。 大学では経営学を専攻し、卒業後は視野を広げるため多民族国家であるオーストラリアへ。 1年間過ごしたオーストラリアでは、様々...

プロフィール

関連記事一覧