わかった気になる怖さ?

表現をシゴトに。

こんにちは。

一社)日本アート教育振興会
BCA【表現者ビジネスカレッジ】

の三尾(みお)です。

今日は、

「わかった気になる怖さ?」

というお話。

【お話は、編集後記へ】

そのまえに、
こちら、、、

「今日が〆切」です!

——————

特別な割引価格!
★5,000円→500円

★6/27(日)の予約は
 本日〆切りです!

★次の開催は当分ありません。
 今だけの開催です。

ゼロから開校!
表現者のための安定する
教室デザイン講座

【体験クラス】詳細はこちら

https://college.jeara.jp/classdesign-fd001

※zoom開催なので、
ご自宅から受講できます。

——————

【編集後記】

では、本題にもどります。

「わかった気になる怖さ?」

というお話。

最近、

6歳の息子が
サッカーにはまっています。

サッカークラブに
はいっているのですが

いろいろな
テクニックが身についてきて

楽しいみたいです。

僕も子供の時にやっていたので
気持ちはわかりますから、

休みの日に一緒になって
少しでも上達すればと思い、

パパとして僕も
息子に偉そうに教えています。

でも、、、

親が子に教えるって
ホント難しいものですね。

いつももめてます。。。笑

僕自身、サッカーは
上手くはないですが

サッカーをしたり、
観るのは大好きなので、

子供ができていないと、
つい入れ込んで

偉そうに指導を
してしまうんです。

「ほら、そこでこうだよ!」
「あ、今の違う、こう!」

とかって。

そうすると、息子はきまって、
反対のことをやります。

いつも逆効果。

だから最近は、
言わない方がいいんだな、

と学んでほっといていますが、
それでもつい口をだしてしまうんですね。

そして、先週末の話。

息子がフェイントを
やろうとしてたので、

「こうだよ!」

ってポロッと教えたんです。

僕が学生の時に習った
薄い記憶をたどってに

教えたんです。

そうしたら、意外にも
真似してやりだしました。

「おー、そうそう!」

と褒めたら、
調子に乗ってドンドンやる。

そして割とマスターできた。。。

やった!
たまには言うこと聞くのね!

よしよし、、、、。

ん、、、でもまてよ。。。

と、ここで、
僕はフッ、と思ったんです。

あれ、、、

このテクニック
間違ってたとしたら、

やばいな。。。

急に不安になって、

その場で、

スマホを使い、youtubeで
そのフェイントを調べました。

いい時代ですね。

そして、、、

はい、、、
お察しの通り、

なんと、、、
完全に間違っていました。

僕が教え、
息子が覚えたテクニックは、

間違っていたんです。。。

「え~ッ!?」

youtubeにかぶりつきます。

「うっそ!そうなの!?」

なんと、もう今の時代、
僕が教えたテクニックは、

通用しないらしいんです。

どういうことかというと、

サッカーのテクニックが
今、かなり進化しているんですね。

子供たちでさえ、

もうみんなが高度なテクニックを
身につけているから、

僕の子供の頃のテクニックが
全然通用しないんです。

「うそ~!?」

そして息子に謝る僕。

「ごめん、ちがっていた」

そして信頼を失う僕。

「次からはちゃんと調べて、
 自分でもやってみてから教えるね」

息子には、

「も~。」
「パパから習わなくていいよ〜。」

と呆れられる始末。。

あ、、

すみません、、、

サッカーの話を
したかったのではないんでした。

伝えたかったのはですね、、、

「わかった気になってることって
 多いよね?」

という事です。

サッカーだけじゃありません。

たとえば、

ビジネス書や学術書など
難しい本を読もう、、、

そう思った時、

書評をよんだり、
ネットで調べて

要点だけ
理解しようとしますよね。

でも、それって、

実は本質を理解していない
ことが多いんですね。

つまり、

「分かった気」になっちゃう。

分かっていないのに、
分かった気になるのが

一番怖いんですね。

なぜなら、

分かった気になっているので
そこで思考がストップします。

それ以上探究しなくなるわけです。

そうすると、、、

それを活かして
実践してみようとおもっても、

まずできない。

なぜなら、
実は本質をわかっていないから。

こういうことって
たくさんあると思うんです。

僕はよくあります。

だから、僕は、

要点をみるのはいいけど、
できるだけ意識して、

実際の本も読んでみよう
と頑張るようにしています。

そして実際に読んでみると、
「お~!そういうことだったのか!」

という気づきがたくさんあります。

「やっぱり、自分は
 分かった気でいたのか・・・」

と気づく事がよくあります。

「知っていることと、
 できることは違う・・・」

なんてよく言われますが、
本当にそれを実感します。

あなたももしも

「これ知っている・・・」

とか、

「これでわかった・・・」

と思っても、
今一度、振り返ってみてください。

「本当にこれ”できる”レベルなのか」

と。

セミナーに行っても同じです。

それを聞いて、

分かった気になること
って多いですよね。

だから、

セミナーにいっても、

「私はこれができているだろうか?」
「実際にできるだろうか?」

とあなた自身に
問いかけてみてください。

この問いかけは、

あなたの人生を変えるほどの
問いかけでもある

そのくらい大きな
問いかけだと思います。

そして、

この問いかけによって
行動につなげられたなら、

あなたがやりたい活動や
思い描いたライフスタイルが、

絵に描いた餅ではなく、
実際に実現に近づいて行きます。

大切なので
もう一度お伝えしますね。

「私は、、、

 分かった気になっていないか?

 本当に”できる”レベルなのか?」

この問いかけを
してみてください。

息子から「も~。」といわれた
僕のようにならないように。

ps.

あ、こちらの
キャンペーンもお見逃しなく!

教室開校も同じです。

分かった気になっていても
実際は安定する教室を開くのは

難しいものです。

ですから、

あなたの教室開校を
実現できるよう

私たちが一緒にサポートし
一緒に学仲間と応援し合い

安定する教室開校を
めざします。

よかったら
体験クラスにご参加下さい。

——————

特別な割引価格!
★5,000円→500円

★6/27(日)の予約は
 本日〆切りです!

★次の開催は当分ありません。
 今だけの開催です。

ゼロから開校!
表現者のための安定する
教室デザイン講座

【体験クラス】詳細はこちら

https://college.jeara.jp/classdesign-fd001

※zoom開催なので、
ご自宅から受講できます。

——————

ご参加お待ちしています。

今日もお読みいただき
ありがとうございました。

三尾洋介

________________

~自己表現を仕事に変えたい~
表現者のためのビジネスカレッジ

■BCA【表現者ビジネスカレッジ】
https://college.jeara.jp/lp001

———

年間1000人が受講する
■写真の資格【無料体験クラス】
https://jeara-class.com/online-trial-lp001

———

逆から描くと絵は上達する!
■逆転のデッサン上達法(無料web講座)
https://practical-dessin.com/lesson/three-method-other-noad/

———

[ Jearaの facebook ] はこちら
https://www.facebook.com/jeara.official

[ Jearaの Instagram ] はこちら
https://www.instagram.com/jeara_team/

[ BCAの Youtubeチャンネル ] はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCbCDIZ-QPZ3iKh2heGypFjw

———

[ JEARAのHP ] アート、写真の講座はこちら
http://jeara.jp/

三尾洋介

1977年生まれ。飛騨高山出身。 大学では経営学を専攻し、卒業後は視野を広げるため多民族国家であるオーストラリアへ。 1年間過ごしたオーストラリアでは、様々...

プロフィール

関連記事一覧