短所をなくせば、長所もなくなる?

表現をシゴトに。

【短所をなくせば、長所もなくなる?】

こんにちは、
一社)日本アート教育振興会
BCA【表現者ビジネスカレッジ】
の三尾(みお)です。

あなたは
こんなことを
思った事はないですか?

私、ほんとこれ苦手、、、

なんであの人は
これができるんだろう・・・

こんな私、もうイヤ・・・・

こうだから
私はダメなんだ、、、。

誰だって
苦手なことって
ありますよね。

かくいう僕も
たくさんあります。

たとえば、
ぼくは
片付けが苦手です。
いつも奥さんに、
怒られています。
子供と一緒に。

こんなのは
大した話じゃないけど、
(↑そう思ってるから
いけないのか・・・笑)

たとえば、
創作の際に
良い発想がでない・・・

この分野は
どうも苦手・・・

など、
それがないと
困ることってありますよね。

だから一生懸命
その苦手なことを克服しようと頑張る。

もちろん、
そのこと自体はとても素敵なこと
そう思います。

ただ、時間が無限にあるのであれば・・・
なのですが。

苦手なことは、
どうしても克服するのに
時間がかかります。
しかも克服したとしても
それを得意とする人には
かなわない事が多い。

だとすれば、
その時間を、
得意なことを伸ばすことに
使った方が効率がいい
そう思いませんか。

あまり、悩まなくてすむし。

ライフネット生命をつくった
出口治明さんが
こんなことを
おっしゃっています。

「人には長所、短所がある
そうみんな言います。
短所をなくして、
長所を伸ばそうと。
でも、そんなの無理ですよね。
だって、
短所をなくせば、
長所も一緒にきえるから。
なぜなら、
長所は裏をかえせば、
短所にもなりうるわけで、
ただの個性なだけだから。」

これは僕の解釈が
はいっているので、
実際におっしゃった事とは
少し違っていると思いますが、
こういった主旨の事を
おっしゃっていました。

たしかにそうですよね、
その時の状況によって、
個性は長所にも短所にもなる。

だとしたら、
短所を克服しよう、
直そう、、、
ということが意味がない、、、
という事が言えますよね。

いかがでしょうか?

すこしは、
気楽になりました?^^

ただし、
「その時の状況」
によって長所にも
短所にもなるわけなので、

自分の個性は
どの状況であれば
最大限活かせるのか、、、

どういった
ポジショニングをすれば、
マーケットで勝てるのか、、、

どういった人と組めば
補完しあえるのか、、、

そういったことを考え、
自分の力を最大限に
社会で価値のあるもの
に変えていくことを
戦略的に考える
必要があると思うんです。

だから、
もしもあなたが、
苦手なことがあるから
私はダメなんだ・・・・
そう思っているとしたら、
発想をかえてみてください。

だれしも人間は
凸凹だから価値があるし、
求められるんです。
その場所を探してみてください。

もう、苦手なことばかりに
目を向けるのはやめて、
得意なことにも
もう少し目を向けてみましょう。

そのときに、
あなたの持っている
クリエイティビティが発動され、
そのうちに世間の人たちが、
あなたの価値に気づきだす
そう思います。

あ、、、
でも、
後片付けが苦手な男性の皆さんは、
お家での後片付けは
ちゃんとやりましょうね。
僕みたいに、
奥様に怒られないように。

今日もお読みいただき
ありがとうございました。

三尾洋介

________________
~自己表現を仕事に変えたい~
表現者のためのビジネスカレッジ

■BCA【表現者ビジネスカレッジ】
https://college.jeara.jp/lp001

———
年間1000人が受講する
■写真の資格【無料体験クラス】
https://jeara-class.com/online-trial-lp001

———
逆から描くと絵は上達する!
■逆転のデッサン上達法(無料web講座)
https://practical-dessin.com/lesson/three-method-other-noad/

———
[ Jearaの facebook ] はこちら
https://www.facebook.com/jeara.official

———
[ Jearaの Instagram ] はこちら
https://www.instagram.com/jeara_team/

———
[ BCAの Youtubeチャンネル ] はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCbCDIZ-QPZ3iKh2heGypFjw

———
[ JEARAのHP ] アート、写真の講座はこちら
http://jeara.jp/

________________

三尾洋介

1977年生まれ。飛騨高山出身。 大学では経営学を専攻し、卒業後は視野を広げるため多民族国家であるオーストラリアへ。 1年間過ごしたオーストラリアでは、様々...

プロフィール

関連記事一覧