夢を実現する強力な技

表現をシゴトに。

こんにちは。

日本アート教育振興会の
三尾洋介(みお ようすけ)です。

早く夢を実現したい、

早く理想の生活がしたい、

早くプロカメラマンになりたい、

早くアーティストとして
食べていけるようになりたい、

など、

あなたが何かを目指し、

成長したい、

そう思っているているとしたら、

まず何をしますか?

このスキルを身につけよう。。。

このセミナーを受けてみよう。。。

こんな本を読もう。。。

こんなことを習慣にしよう。。。

こんなことを
考えますよね。

素晴らしいと思います。

それらはきっと成長スピードを
早めると僕も思います。

理想の未来に
近づけると思います。

ですから、それは
続けると良いと思います。

では、これらの分かりやすく
わりとモチベーション高く、
取り組めるもののほかに、

成長を加速させる、
超、強力な方法って知ってますか?

それは、

「自分の非を認める」

ということです。

なんだ、、、そんなことか
と思ったかもしれません。

だって子供に親がよく言う事と
かわらないですもんね。

「謝りなさい!」

って。

でもこれ、
なかなかできるものではないと思うんです。

特に大人になると。。。

たとえば、

お客さんから何か不満をいわれたり、
何かサービスや商品の不備をきつく指摘される、、、

仕事を一緒にしている人から、
自分の仕事の仕方についてきつく指摘された、、、

こういったこと、
誰しもあると思います。

そうすると、人間は結構、

「そうはいっても、
 これこれこういう理由があって、、、」

みたいに、

自分を自分で擁護する反応になることが多いと思います。

つまり、
自分の非を認めたくない。。。

だから、なんとか正当化する理由を見つけようとする。

そして、指摘をしてくれた人に
けんか腰で感情的なことを言ってしまい、

その人とも関係性が悪くなるし、

自分自身も結局、
改善ができなくなってしまう。

これって、
その時はいいようにみえるけど

長期的に見たら、
成長が鈍化してしまいますよね。

つまり、理想の未来には
近づけないということ。

だから、

この反応って
本当に意味がない。

でも、

これは人間の性で、反射的に
ほとんどの人はこうなると思うんです。

意識していないと。

だから
自分の非を認めることが
できるようになると、

これだけで人と差がつきます。

なにより、
自分を劇的に成長させることができます。

指摘されたことや
失敗したこと、
間違ったこと、
出来ていなかったこと、

を、

「私の間違いでした、
 私ができてませんでした、
 ごめんなさい」

といえると、

周りの人は、
もっと教えてくれるようになるし、

自分自身も確実に改善され
成長が加速します。

失敗するたびに、
その都度成長していける。

しかも、実は、

自分を正当化して感情的な反応をすると
人は離れていきますが、

自分の非を認められる人には、
人は信頼し、一緒に仕事をしたい、
素晴らしい人だと思い、
人は集まってきます。

モンゴル帝国の5代皇帝 クビライは、
皇帝の自分に小言、指摘を言える人を
わざわざ側近においたといわれています。

中国でもっとも偉大な皇帝といわれている
唐の第二代皇帝、太宗・李世民も、

側近に、

「何か私が間違った事をしていたら
遠慮なく指摘するように」

とつたえ、その指摘をよくきき
発言や行動を改めた

といわれています。

自分の非を認めることで、
国を治めていた。

つまり、

こんな偉人だって、
間違いや失敗はあるわけです。

だから僕たちは、
間違いはいくらでもあるのが普通。

かっこわるい、

とか、

はずかしい、

といった

小さなエゴが
どうしても出てくると思うけど、

でもそこで、

「もっと成長しよう」

という大きなエゴを
自分のなかから引っぱり出せば、

自分の非を認めることも
割とできるのではないかと思います。

だって、
非を認めれば、

より大きく成長できるし、
理想の未来を実現することに近づけるのだから。

僕も間違ったとき、
迷惑をかけたとき、
失敗したとき、

そんなときは、
自分の非を認められるように
日々、修行をします。

あなたも心当たりがあるようでしたら、
意識してみてください。

そして、
一緒に大きく成長し、
理想の未来を実現していきましょう。

三尾洋介

—————————-

~自己表現を仕事に変えたい~
表現者のためのビジネスカレッジ

BCA【表現者ビジネスカレッジ】
↓↓↓
表現者ビジネスカレッジの詳細はこちら
facebook_group_bca_header

———–

~年間2000名以上が参加する~
写真の資格
プラクティカルフォト認定講座

※オンライン無料体験クラスやってます!
↓↓↓
写真の資格「無料体験クラス」の詳細はこちら

三尾洋介

1977年生まれ。飛騨高山出身。 大学では経営学を先行し、卒業後は視野を広げるため多民族国家であるオーストラリアへ。 1年間過ごしたオーストラリアでは、様々...

プロフィール

関連記事一覧