あなたらしい写真を撮れていますか?

PHOTOGRAPH(写真)

どんな被写体を撮ったらいいんだろう。。。
私はどんなものを撮ったら私らしいんだろう。。。
これから何を撮っていこうかな。。。

見る人の心を揺さぶるような写真が撮りたいな。。。。
でも何を撮ればいいんだろう。。。

私の個性ってなんだろう。。。

そう悩むことってありますよね。

わかります。

もんもんとするときありますよね。
そんな時は、

 

そもそもの定義や概念を
掘り下げて考えてみるのもいいかもしれません。

たとえば、

写真という字。

写真の意味をwikipediaでしらべると、

物体から来る光線をレンズなどで集め、物理的・化学的に半永久的な影像を作り記録すること。また、その影像。

と出てきます。

つまり、これは機能のこと。

だとすると、とらえ方を変えて言いかえれば、

同じものを同じ設定で撮れば、
どの人が撮っても、同じものが出来上がるという事だと思います。

でもみんな違った写真になる。

なぜか。

それは、被写体に対するその人なりの「まなざし」が違うからだと思うんです。

その人が、その対象物をどうとらえているのか。

ということで、同じカメラを使い、同じ被写体を撮ったとしても、
違ったものになる。

つまり、違ったメッセージが表現される。

ではそのメッセージ性の中でも、

見る人の心を揺さぶるものというのは、どんなものか。

私が感じることは、

見る人の心を揺さぶるものというのは、
その被写体や対象物となる物事の
「本質」をとらえているものが多いのではないかと思うんです。

写真という字をもう一度みてみます。

「写真」という字は、「真を写す」ととらえられます。

「真を写す」

これは、「本質を写し出す」と捉えられる。

写真とは、本来、
「ものごとの本質を世の中に問いかける」ためのものなのではないだろうか。

みんなには見えていないかもしれない、その対象物の本質を写真をとおして伝える。

ものごとの本質をとらえ、人々に「問いかける」。

あなたの写真に、世の中の人々が「意味」を見出すかもしれない。

そして、あなたの写真、あなたの「まなざし」によって、
知らない誰かの人生が変わるかもしれない。

そんな写真が撮れたとき、

もしかすると、

あなたは充実感と、自分の個性を見つけられるのかもしれない。

もしかすると、
それも写真家に託されている使命の一つなのかも知れない。

知らない誰かのために、写真を撮ってみよう。
そう想うだけで、あなたの写真がかわるかもしない。

知らない誰かのために、写真を撮ってみよう。
そう想うだけで、あなたのカメラマンとしての充実感、幸福感が変わるかもしれない。

知らない誰かのために、写真を撮ってみよう。
そう想うだけで、あなたの人生は変わるかもしれない。

こう考えると、撮りたいものが浮かんできたりしませんか。

もしも、撮るものに悩んでいるようでしたら、

被写体やものごとの
そもそもの定義や概念、問いを考えてみてください。

もしかすると、あなたなりの答えが導き出せるかもしれません。

 

三尾洋介

1977年生まれ、飛騨高山出身。一般社団法人日本アート教育振興会代表。 人々が自由になるための学習環境デザイン、研究をしている。 また、アート・文化と感情を...

プロフィール

関連記事一覧