【こんなにあるカメラの種類⑥】中判の解像度を存分に堪能できる注目のデジタル機器!

2A9C36A7-5697-47F5-A130-3CB0E7C23ED7
PHOTOGRAPH(写真)

皆さんこんにちは。成瀬です。

今回は、ちょっとなじみが薄いかもしれませんが、いま筆者がハマっている中判デジタルカメラについてお話ししましょう。

中判とは、35mmサイズのセンサーよりも大型のセンサーを使っているもの。フィルム時代には、645、6×7、6×6、6×8、6×9などさまざまなフォーマットがありました。共通していたのは、ブローニーと呼ばれる中判用のロールフィルムを使っていたこと。35mmを135、と言ったりしますが、ブローニーは120とも呼ばれます。インチとセンチが混在しているので分かりにくい場合がありますが、120ロールフィルムは135の3、4倍の大きさがあります。フィルムが大きいということは、それだけ記録できる情報量が多いということ。それ故の解像度や再現性の高さでプロも常用しているサイズのカメラになります。

デジタルの話に戻しますと、現在普及されている中判デジタルのセンサーサイズはほぼ645サイズになります。中判としては一番小さいサイズになりますが、それでも35mmフルサイズの3倍ほどの大きさがあります。これが、実際に撮影してみると、その解像度にはとても驚かされます。

一度中判の解像度を知ってしまうと、もう35mmフルサイズと言えども物足りなさを感じてしまうほどです。これは、実際に撮影してみないとお分かりいただくのが難しく、文章では表しにくいものですが、カメラのレンタルもありますので、一度使われてみることをオススメします。

中判デジタルは、この数年でにわかにいくつかのメーカーが発表しています。有名なのは、ハッセルブラッドという、もともと6×6サイズの正方形イメージ専用のフィルムカメラのフィルム部分を、デジタルパックと交換して使うというものです。実は、ハッセルブラッドをデジタルで使う、という発想と開発は、数十年前から進んでいました。

実際、筆者もハッセルブラッドにデジタルパックをつけて撮影することを主体としていますが、筆者が使っているデジタルパックはPhaseoneというメーカーがハッセルブラッド用に開発したもので、20年ほど昔の機器です。当時はまだCMOSセンサーもなかった時代で、CCDというセンサーが使われていますが、これが非常に優秀で、素晴らしい再現をしてくれます。

今回メインイメージに使っている写真のカメラがそれにあたりますが、古い機材なのでISO感度もせいぜい200くらいまでが使用に耐えうる画質という不便はあります。それでも、日中などは手持ちでも十分使える感度ですし、デメリットとしてはあまり感じていません。感度が足りなければ、三脚を使えばいいことですからね。

フィルム時代は、「35mmとハッセルとシノゴがあればいい」と言われていました。シノゴ、とは4×5サイズの大判カメラのこと。これはまだデジタル化されていません。面白いのは、中判カメラに関してのみ、「ハッセルブラッド」と名指しで指定されていることです。それだけ、ハッセルブラッドはプロに特に信頼されていた機材だったのです。ちなみに、ハッセルブラッドはNASAのアポロ計画で宇宙カメラとして同行したカメラとしても有名です。

そのハッセルブラッドが、自社のブランドとして純正のデジタルパックを発表しています。これはCMOSセンサーを使ったもので、高感度まで対応し、非常に解像度も高いものです。それだけに価格も飛び抜けていますが、筆者もいつかは使ってみたいと思っているデジタルです。

ハッセルブラッドばかりをオススメしているようですが、先に述べたように、中判デジタルを発表しているメーカーは少なく、ほとんどがプロ仕様で一般には知られていません。その代表がマミヤが出しているプロ仕様の中判デジタルでしょうか。これはあまりにプロを意識しているので、筆者にはなじみがなく、使ったことはありませんが、プロの世界ではポートレイトにおいてもブツ撮りにおいても高い信頼を得ている名機と言えるでしょう。

筆者がひそかに狙っているのは、富士フイルムが最近発表したレンジファインダー式の中判デジタルです。富士フイルムは独自路線を貫いていますので、この中判カメラにも非常に興味深く感じています。ハッセルブラッドのレンズは単焦点がほぼで、マニュアルフォーカスですので、速写性に難がありますが、富士フイルムのレンズはズームでも非常に優秀で、オートフォーカスですので、いつか、富士フイルムの中判デジタルでスナップ写真を撮ってみたい、と目論んでいます。

ちょっと今回は私見で語ってしまいましたが、筆者が夢中になっている中判デジタル、騙されたと思って試してみませんか?

それではまた、次回まで。

artlifepress_futter_banner_pp_750
 
 

成瀬功

写真作家・一社)日本アート教育振興会 Art life press フォトチーム所属 <Profile> 19歳で単身渡米。テキサスの州立大学に入学。芸術学...

プロフィール

関連記事一覧