他の人には撮れない、素敵な写真を撮りたい??

PHOTOGRAPH(写真)

実は、

写真家にもデッサンが
役に立つことを知っていましたか?

デッサンとは、
そうです、絵を描く基礎スキルのことです。

有名な写真家でもデッサンの
知識、スキルを写真に活かしています。

かの有名な写真家
アンリ・カルティエ=ブレッソンも

絵画でよく使われる構図「黄金分割」を
写真の世界に取り込んだことは有名です。

確かに考えてみたら、
写真も絵画も、

立体的なものを
平面に表現するものですから、

共通する概念があるのは
当然といえば当然のことですね。

にもかかわらず私達は
写真をやるとき、

写真はカメラの機能や使い方を知れば
良い写真が撮れる、、、、

そう錯覚しやすいんです。

でも
実は、絵を描くことも
写真を撮ることも

良い作品を創るには、
構図や原理が共通することが多いんです。

そもそも世の中に写真が出てくる前から
絵画はあります。

平面の表現が、絵画から
写真というものに移って行っただけ。

そういった時代の流れをみただけでも
確実に絵画やデッサンにもたくさんのヒントはあります。

ですが、多くの写真をやる人達は、
デッサンを学ぶと写真が変わる

ということに気づいていません。

有名な写真家でさえ、
あんなにデッサンや絵画の概念を
とりいれているのに。

もしかしたら、
デッサンを学ぶだけで、

あなたの写真がガラリと変わるかもしれません。

他の人には撮れない
特別な写真に変わるかもしれません。

またデッサンは、
クリエイティブなお仕事には
欠かせない基礎中の基礎概念になります。

そんなデッサンですが、
苦手意識をお持ちの方も多いようです。

実は、デッサンは
学び方をガラリと変えることで、
誰でもかけるようになります。

誰でも確実に上達します。

実は今回、
「確実に早く上達するデッサン法」を
無料で提供しています。

Web4回講座です。

写真をもっと進化させたい、、、

人と違う写真を撮って感動させたい、、、

他にはない、特別な写真を撮って感動させたい、、、

そうお思いでしたら、
一度、デッサンを学んでみるのも良いかもしれません。

詳細内容は、下の画像をクリックしてください。
【無料】で受講できます。

三尾洋介

1977年生まれ、飛騨高山出身。一般社団法人日本アート教育振興会代表。 人々が自由になるための学習環境デザイン、研究をしている。 また、アート・文化と感情を...

プロフィール

関連記事一覧