あなたの作品が変わる、アート作品の鑑賞方法

LBERAL ARTS(芸術教養)

こんにちは。

(一社)日本アート教育振興会
レッスンプレスチームです。

あなたは、
美術館や展覧会に行った際に
こんな経験ありませんか?

写真作品や絵画などアート作品をみにいったけれど、
どこが良いのかわからなかった、、、、

良いとされている作品の良さがわからない、、、

素敵な美術館の建物は楽しんだけど、
作品はどう楽しんだらいいのかわからなかった、、、

いつも何を学びとれば良いのかわからない、、、

実はこんなふうに思っている方はとても多いと思います。

もしもこんな風におもうことがあるとしたら、
今回のお話は参考になるかもしれません。

アート鑑賞を楽しくするには?

アートライターの藤田令伊さんはご自身の著書の中で
アート鑑賞を深めるためのヒントとして下記の3つを挙げています。

1)良く見る

良く見るとは、作品の細部まで良く見るということです。
ほとんどの人は、書かれているメインの物にしか目がいかず、
他の細かなところには目がいかないそうです。

ですから、意識してメインの物以外のところにも目をやってみる。

細かなところまで何が描かれているのか、何が写っているのかまでをみてみる。

そして言葉に出してみると良いとのことです。

そうすることで、おのずとその作品の見えていなかったところがみえてきて、
面白さが増すとおっしゃっています。

2)時間をかけて見る

作品を観る際にほとんどのひとは、1分も同じ作品を観ていられないとおっしゃっています。

でも実は何も思わなくても、何も分からなくても、

じーっとみていると、

一つのところを見ているのが辛くなり、当初、注意が向けられていなかったところにも自然と目が行くようになる、、、

そして、それによって詳細までみるようになり、上記の「良く見る」にもつながるそうです。

何もみえてこない、、、とおもっていても時間をかけてみることで必ず何かがみえてくるので、
とにかく時間をかけてみることをお薦めされています。

3)数多く見る

こちらは、きっとあなたも過去の経験から納得がいくと思うのですが、
数を沢山みることは、鑑賞の経験を沢山積むことになるので、
そのことに長けていくということです。

数を沢山みることで、カンドコロがついてくると
今まで気がついていなかったところが見えてくるそうです。

作品制作にも活かせる

これらのトレーニングは、
作品制作のときにも活かされるのではないでしょうか。

被写体をよく見ることで、自分の本当の作品テーマに気づく
時間をかけてみることで、想像が深くなる
数多くみることで、色々な価値観があなたの作品に反映されより深くなる

アート鑑賞は、あなたの作品に大きなヒントや喜びを与えてくれます。

もしも作品制作でお悩みでしたら、他の方の作品を

1)良く見る
2)時間をかけて見る
3)数多く見る

これらを意識して鑑賞してみてはいかがでしょうか。

あなたの作品がかわってくるかもしれません。。。

—————————-

~自己表現を仕事に変えたい~
表現者のためのビジネスカレッジ

BCA【表現者ビジネスカレッジ】
↓↓↓
表現者ビジネスカレッジの詳細はこちら
facebook_group_bca_header

———–

~年間2000名以上が参加する~
写真の資格
プラクティカルフォト認定講座

※オンライン無料体験クラスやってます!
↓↓↓
写真の資格「無料体験クラス」の詳細はこちら

———–

~絵は逆から描くと描ける~
【無料】で受講できます。

↓↓↓

レッスンプレス チーム

「確かな成長と、人生を変える学びを。」という信念のもと、アート啓蒙活動を行う一般社団法人 日本アート教育振興会のアートメディアチーム。 アートスキルを身につ...

プロフィール

関連記事一覧